ザイマニ公式LINE▶︎ 3つの限定特典プレゼント中
当ページのリンクには広告が含まれています。

マネーフォワード クラウド連結会計

マネーフォワード クラウド連結会計

リリース2022年12月21日
運営会社株式会社マネーフォワード
上場市場|東証プライム(3994)
導入スピード平均1ヶ月(最短2日)
導入実績約30社(2024年1月時点)
導入料金連結する会社数に応じて変化
備考導入・運用支援あり
サポートサイトあり
申し込みクラウド連結会計公式サイト

マネーフォワード クラウド連結会計は、グループ経営を行う成長企業中堅企業向けの連結会計システムです。

連結決算未経験者でもスムーズに操作できるわかりやすさが大きな強み。連結決算業務の効率化や属人化リスクの低減、加えて連結決算担当者の採用・育成コストの削減にもつながります。また、設定や操作がわかりやすいため、万が一間違えてしまっても「自分たちで修正できる」安心感があります。

M&Aで子会社が増加予定、または上場前後でバックオフィスを強化したい成長企業に特におすすめのプロダクトです。

マネーフォワード クラウド連結会計の目次

  1. 特徴・独自性
  2. 料金
  3. 評判・導入事例
  4. FAQ
  5. ザイマニへの掲載経緯

マネーフォワード クラウド連結会計の特徴・独自性

マネーフォワード クラウド連結会計は数多くの独自性を有しています。中でも特筆すべき点を連結会計導入時連結決算業務時連結データ共有時の3点に分けて紹介します▼

クラウド連結会計 導入時

クラウド連結会計のコンセプトは「グループ各社の会計システムがどんなシステムでもすぐに連結できること」です。

マネーフォワード以外の会計ソフトやExcelなど、各子会社が異なる会計システムを利用している場合でも問題ありません。柔軟にデータのインポートが可能です。

もちろん、単体決算にもマネーフォワード クラウド会計及びマネーフォワード クラウド会計Plusを使用することで、データ収集や連結処理の自動化など、更なる効率化を実現できます。

クラウド連結会計 連結決算業務時

クラウド連結会計の強みは連結決算未経験者でもスムーズに操作できるわかりやすい画面UIです(※特許出願中)。

初期設定が2日で完了した事例もあるなど、経理初心者が連結決算業務の戦力となるまでの時間を大幅に短縮できます。

クラウド連結会計の実際の画面構成や操作感が気になる方は約30分の解説動画をご覧くださいませ。

※『マネーフォワード クラウド連結会計』で表示される「連結精算表」を連結会計チェック担当者が確認しやすいレイアウトで表示することにより作業効率を向上させる画面UIについて、特許出願中。

クラウド連結会計 連結データ共有時

連結決算は「作って終わり」ではありません。各ステークホルダーへの迅速な情報提供も求められます。

そんなときに役に立つのがクラウド連結会計のエクスポート機能やスプレッドシート連携機能です。

連結決算のcsv書き出しや、スプレッドシート上に各種データを呼び出すことも可能です。財務分析や各種資料のレポーティングの効率化にもつながりますね。

以上が特筆すべきクラウド連結会計の独自性でした。上記の特徴から、M&Aで子会社が増加予定、または上場前後でバックオフィスを強化したい成長企業に特におすすめのプロダクトです。

マネーフォワード クラウド連結会計の料金

マネーフォワード クラウド連結会計は初めて連結決算業務を行う企業様及び今まで表計算ソフトにて連結決算を行われていた企業様にも、検討がしやすい料金設定となっております。

連結決算業務を分担できる業務にしていきたいとの思いから、ユーザーが増えても金額は変わらない、安心な価格体系です。

詳細の見積もりに関しては、ぜひ公式サイトお問い合わせ窓口よりお問い合わせください。

マネーフォワード クラウド連結会計の評判・導入事例

2024年1月時点では約30社がクラウド連結会計を導入されています。導入に至った経緯や、クラウド連結会計を導入したことによる具体的な効果を一部紹介します。

導入事例|ニューラルグループ株式会社
子会社の増加に伴い連結決算業務の属人化解消を目的に導入

誰でも操作が可能そうなUI/UXであるところ、クラウドサービスのため複数人での同時ログインが可能というところ、履歴管理により常に最新の数値が反映されていることが確認できため、バージョン管理も簡単だというところが決め手となり、導入に至りました

連結決算を3営業日短縮!連結未経験者でも対応できるUI/UXも魅力 – 「マネーフォワード クラウド連結会計」導入事例

マネーフォワード クラウド連結会計のFAQ

Q1. クラウド連結会計の実際の画面操作を見ることは可能ですか?

公式サイトにて企業情報入力後に視聴できる約30分の解説動画をご覧くださいませ▼

Q2. クラウド連結会計に興味が出てきました。もっと詳しく知るには?

クラウド連結会計の公式サイトからダウンロードできる資料をご確認いただくのがおすすめです。以下の手順で資料を取得できます▼

STEP
クラウド連結会計公式サイト トップページ
STEP
「資料ダウンロード」ボタンをクリック
クラウド連結会計公式サイト トップページ
STEP
各項目を入力して送信
クラウド連結会計公式サイト トップページ
STEP
プロダクト資料PDF(全18P)をダウンロード
クラウド連結会計公式資料

その他のFAQはクラウド連結会計サポートサイトをご確認ください。

マネーフォワード クラウド連結会計の掲載経緯

クラウド連結会計のプロダクトマネージャーからご連絡いただき、ザイマニ上で紹介させていただく形となりました。

ザイマニが他社様のサービスを紹介する際は原則的に「自分が使ってみて良いと感じたもの」しか取り上げません。クラウド連結会計については実務上で活用することは(ザイマニが連結会計企業ではないため)不可能でしたが、専用のデモ機を用意していただき、実際の操作感などを体験した上でお勧めできると判断したため掲載させていただく運びとなりました。

特に経営企画関連の部署にお勤めのザイマニユーザーの皆様、ご一考いただけますと嬉しいです!

本プロダクトに関するご質問は以下の公式サイトのお問い合わせよりご連絡くださいませ。よろしくお願いいたします。

財務分析図鑑

全3,700社の財務分析結果を掲載しています。

財務分析図鑑

ザイマニ財務分析ゼミ

財務分析3種の神器(財務データセット・レポート・ツール)を、

財務分析3種の神器
(財務データセット・レポート・ツール)を、

ビジネス本1冊分の料金で提供しています。

ザイマニHOMEへ戻る